blog index

愛西市障害者生活支援センター活動日誌

ここでは、愛西市障害者生活支援センターでの活動やご案内をお伝えします。
<< 季節ごと | main | 避難訓練 >>
自分の道具
 先日の「頭の体操」プログラムで、コースター作りを行いました。並縫いを練習し、簡単な縫い物やボタン付けができることを目的としたプログラムでした。
家庭科の授業以来という利用者さんが多い中、普段から服のほつれを直しているMさんと、裁縫が得意というOさんは自宅で使っている道具を持参される程、やる気十分で参加されました。さすがにお二人とも縫うのが早く、糸の色や縫い方まで工夫されて完成されました。
そんな二人に、職員からぜひに!とお願いして、作業の掃除で使う雑巾縫いをお願いしました。
タオルを半分に切ったものの切り口を三つ折にして縫うだけの簡単雑巾です。快く引き受けてくれた二人は、あっという間に雑巾を完成させてくれました。
それを見ていたT君。自分も仕事で使う雑巾を作りたいと申し出がありました。彼は公園のトイレ清掃の仕事についています。その仕事で使う雑巾を自分で作りたいということでした。しかも2枚も!
職員としては、とてもとてもうれしい言葉です。
慣れない手つきで頑張って完成させました。(やや縫い目が粗いのはご愛嬌です・・・)
早速、明日から使うそうです。同僚のかたの驚く顔が思い浮かびます。
自分で作った道具で行う仕事はどうだったでしょうか・・・?今度、感想を聞くのが楽しみです。
| 宇佐美友加里 | - | 19:02 | comments(1) | - | - | - |
コメント
いつもブログ見させてもらってます。このブログから学ぶ事が多い。福祉の現場や福祉行政は、みんな自分のために働いてる。もっと言うと上司の顔色を見て仕事してる。何のために、誰のためにって・・・本当にこんなんだから日本の福祉はだめになるんだよね。このセンターのブログは本当に利用者のために・・・・・が伝わるし、感じる。ありがとう
| maeda | 2011/09/15 7:12 PM |
コメントする


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

bolg index このページの先頭へ