blog index

愛西市障害者生活支援センター活動日誌

ここでは、愛西市障害者生活支援センターでの活動やご案内をお伝えします。
<< 環境が変わり | main | 最近のセンター >>
障がいを持つ方の未来
「障がい」と調べてみると、 
「さまたげること。また、あることをするのに、さまたげとなるものや状況。」という意味と「身体上の機能が十分に働かないこと。」とがありました。
仕事をするにあたって、これを少しでも軽減して、仕事が出来るように、継続していけるように、不利や障害をクリアにしていくことが、私たちの仕事です。

障がいを持っているから難しい、出来ないという考えは違うと思います。
障がいを持っていても出来ること、得意なことは必ずあります。それを見つけ、伸ばしていく、苦手な部分も克服していく。
健常者も難しいこと、出来ないことはあります。出来ること、得意なこともあります。私たちにも必ずそういうところはあるはずだし、ない人なんていないと思います。
違いといえば、出来るようになるまで時間がかかるだけではないか、と思います。少し工夫すれば出来るはず!


今障がいを持つ方たちの就職、自立に向けての支援、制度等が変わってきています。
一人でも多く就職できるように、そしてその稼いだお金で一人暮らし。
一人暮らしをするにもお金の管理で不安があれば助けてくれる支援や制度もあります。
周知されていなかった制度もこれからどんどん広がっていくことでしょう。


私たちも今以上に知識を増やし、利用者さんは何を求めているのか、何に悩み、解決したいのかを考え、それに合った支援、制度等を紹介出来るようになっていきたいです。
何でも安心して相談や質問が出来る、そんな職員になっていきたいと思っています。


何でも壁を乗り越えるときが一番頑張らないといけないときであり、乗り越えたときに光が見える。
障がいを持つ方の未来は、「明るくなる、明るい」と信じています。
今センターを利用している方の就職、自立を精一杯支援し、一つずつ出来ることを増やして、利用者さんたちが毎日笑顔で過ごしていける日々を目指していきたいです!
| 西川沙也香 | - | 22:11 | comments(1) | - | - | - |
コメント
 こーいうブログを読んでもらいたいね。障害者に関わる、全ての人に読んでもらいたいね。現場は大変なんだよ。綺麗事でなく、日々この時間も現場ではいろんなことがおきてる。そんな中で、本来、福祉従事者や教員が持たなければならない「当たり前」の気持ちが欠けてるよね。このブログ読ませてもらって、もう一回「頑張ろう」って思いました。ありがとう。
| 定森 | 2010/09/06 2:53 PM |
コメントする


 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

bolg index このページの先頭へ